事例紹介

金融関連会社様 XNETインフラ基盤更改

概要

某生保様にて稼働中の資産運用管理システム(XNETシステム)のインフラ基盤を
RedHat Enterprise Linuxベースで再構築しました。

導入効果

XNETシステムのインフラ基盤の刷新により、業務処理や夜間バッチのスループットが向上しました。
EVAのBusinessコピーを使用したオンラインバックアップを利用したことで、データのバックアップ時間が短縮されました。

導入効果のあるお客様

XNETシステムを運用されているお客様
資産運用業務で処理件数の増大により、処理時間の短縮が必要なお客様

対象プラットフォーム

OS:Redhat Enterprise Linux 5.5、6.*、Windows Server 2008R2
MW:XNET、Empress、JP1、HULFT、DataProtector

特長

バックアップ機能はDataProtector、BusinessCopy、cshを用いて実装
SANBoot機能により全てのディスクは高信頼性共有ストレージ上に集約

HASバリュー

XNETアプリケーションの特性を理解した上でのインフラ提案から設計/構築を実施することが可能。
資産管理分野の業務知識を社内に保有。PDCA全てのサイクルにて対応可能。

サービス概要

– 利用プロダクト一覧(一例) –
・HP ProLiant BL460c G7 (含むSAN Boot)
・HP BladeSystem c3000  (含むVirtualConnect)
・HP StorageWorks EVA4400 (含むBusiness Copy)
・SAN SW
・RHCS (Red Hat Cluster Suite)
・SIM (Systems Insight Manager)
・HP Storageworks DataProtector

ユーザ事例

生命保険会社様
投資顧問会社様

一つ上に戻る

先頭に戻る