先輩座談会 私の就活経験2016年入社

ソリューション&インテグレーション事業部

E・N
所属:ソリューション&インテグレーション事業部
入社年度:2016年入社
出身学部:国際情報学部
  • 説明会に行ったりするような就職活動を始めたのは、3月です。自己分析や企業研究、面接の練習等は12月頃に始めました。私たちの時は、前の年の就職活動時期よりも情報開示などが遅く行われたため、情報解禁となった3月1日から説明会等への参加を始めました。活動を始めた時は、不安と楽しみがありました。活動を始めるにあたって何をすればよいのか、面接時にはどのような対応をされるのか本当に内定を出してもらえるのか、と多くの不安がありました。楽しみだった事は今まで自分が関わったことがないような職種・仕事をしている方々のお話しを聞くことができたという点です。色々なお話しを聞けてとても楽しかったです。

  • 特に重視していたことは一か月以上の研修がある企業、威圧的な面接をしない企業です。 研修は企業で働く上での土台作りとして、自分にとって必ず必要な事であると考えていました。 また、それだけでなく九州から関東に出ようと考えていた私は、新しくなった生活環境を落ち着かせる期間としても考えていたためです。 威圧的な面接をしない企業と言う点においては、就職活動中に決めました。 威圧的と言うよりも、緊張感のある空気で面接が行われるのが普通であると考えてましたが和やかな雰囲気で行われる面接がほとんどであり、就職活動中の自分はそういった企業に良い印象を受けたためです。

  • 私がHASを選んだ理由は、私が重視している点の威圧的な面接がなかったこと、一か月以上の研修があることです。内定後の対応では私が思ってもいない対応までしてくれたと感じています。私は他の企業よりも手厚い学生への対応に惹かれHASを選びました。他の企業は金融と教育の企業でした。

  • 配属されて思った事は今までの自分とは違う自分に出会えると言うことです。 配属前は自分自身の事をわかって理解していたつもりでした。 配属後は自分にとって初めて学習すること、体験することが多く自分の新しい面をどんどん発見している気がします。 新しい自分の良い面だけでなく、社会人として配属された部署で仕事をしていく上で不足している点の方が多いです。 今後の目標は発見できた自分の不足している面を補っていくことです。 そして今は自分のできることをしっかり一つ一つ頑張っていきたいと思います。

一つ上に戻る

先頭に戻る