先輩座談会 私の就活経験2017年入社

システムディベロップメント事業部

Y I
所属:システムディベロップメント事業部
入社年度:2017年入社
出身学部:人間科学部
  • 情報開示が3月1日がとなっていたので、その日から始めました。3月1日を迎えるまで、企業説明会への参加・自己分析などは、全くしたことがなかったです。インターン等にも参加したことはありません。1週間に2回くらいのペースで単独企業説明会、機会があれば大型合同企業説明会に参加して、会社を知るところから始めました。就活は、企業との「出会い」だと思うので、業界を絞らず、出来るだけ多くの企業を知れるよう活動していました。

  • その企業の雰囲気・会社の方の人柄が、自分と合うかどうかを重視していました。 採用面接で、自己PRはどの企業にも全く同じことを言いました。同じ内容でも、企業によって面接官の方と話が盛り上がることもあれば、素っ気なく終わってしまうこともありました。企業と合う・合わないがあるのだと思います。精神的に無理せず、同じ会社に長く勤めたい思いが強くあったので、素の自分で働けそうか観察していました。

  • 採用に至るまでに関わってくださった方が、全員素敵だったからです。どなたも人柄が良く、一学生に対しても真摯な対応をしてくださり、「この会社の人達とだったら、辛いことがあっても頑張れるだろうな。」という自分の直感に従って入社を決めました。面接時も、和やかな雰囲気から緊張が解け、素の自分で話すことが出来ました。 悩みがあれば、必ず先輩方に相談できる環境が整っていると、実際に入社して感じました。人を大事にする会社なので、働きやすさを重視する方には、特に優良な会社だと思っています。

  • 目標は、信頼される人になることです。多くの経験から学習し、仕事に対しての誠意を忘れないことで、「この人と仕事がしたい」と思っていただけるようになりたいです。今はまだ、専門知識も乏しく、会社の役に立っていると感じられません。悩みや苦労を自分の力に変えて、どんどんスキルアップしたいと考えています。今就活している皆さんが、新入社員としてHASにいらっしゃるまでには、胸を張って「一人前です!」と言えるように頑張ります。

一つ上に戻る

先頭に戻る