先輩座談会 1年を振り返って2016年入社

システムディベロップメント事業部

A S
所属:システムディベロップメント事業部
入社年度:2016年入社
出身学部:国際関係学部
  • 私は、お客様先でフレームワーク保守の仕事をしています。仕事の内容としては様々なものがあり、障害発生の原因調査や、申請窓口業務、定常的な保守作業などです。作業の内容について少し説明すると、原因調査であればログの内容から、処理がどこまで実行されたのか、処理が止まってしまった時間に何が起きていたのかの確認を行います。申請窓口業務としては、申請内容が妥当であるか、不備が無いのか等確認を行い、申請者と依頼先の仲介を行います。定常的な保守作業としては、トランザクション量の監視やお客様先との業務連絡、打ち合わせ参加と議事録作成を行っています。

  • 作業内容によって、やりがいだと感じる部分、難しいと感じる部分はあります。プログラミングであれば、期待した通りの処理が行われたこと、自分のプログラムがリリースされたこと等、事務的な作業であれば、細かいミスが減ってきたこと。ですが、私は全ての作業に共通して、難しいと感じるところがあります。それは、作業内容の全体を把握すること。作業内容やゴールが定まることで、自分の中の作業イメージや効率的な作業方法を見つけることが出来ます。一つ一つの作業が理解できていないと、作業がどこの作業に影響してくるのかが分からず、ゴールまでの作業手順が定まりません。ゴールまでの作業手順が定まることで、自分の中で効率化できそうな部分が見えてきて、作業スピードも向上し、注意をしなくてはいけない部分がわかります。そして、作業を理解することで成果を実感でき、それがやりがいへ繋がると感じます。

  • 皆さん穏やかな方が多く、馴染みやすい雰囲気だと思います。

  • 1年間を通して、様々なスキルが必要とされることを痛感したのですが、一番不足していると感じたスキルは「伝える力(聞く力)」でした。知らないことが多かった私が作業を進める上で質問することが必須でした。ですが、思っている以上に相手に自分の考えや、質問内容が伝わらず非常に苦戦しました。なので、今後のスキルアップのためにも「伝える力(聞く力)」を養うことが大切だと思いました。 そのために、質問前に話の内容を整理し、自分が同じ質問をされたときに理解できるのかを意識しながら行うように心がけています。

  • 去年の目標は、『多くの仕事を覚えて信頼される人間』になるでしたが、達成状況としては私自身満足できていません。今の現場で、ホストの操作や窓口業務等、多種多様な作業をさせていただいております。1年で覚えたことは多いと思いますが、効率的に仕事を進める能力に関して、もっと成長できると思っています。仕事を進めるうえで全体的に見える力が足りていない為、遠回りな仕事の進め方をしてしまったり、作業が出戻りしてしまうことがあります。作業内容は覚えてきているので、後は、作業の全体を把握して効率のいい作業の進め方を意識したいと思います。

一つ上に戻る

先頭に戻る