先輩座談会 1年を振り返って2016年入社

ソリューション&インテグレーション事業部

K M
所属:ソリューション&インテグレーション事業部
入社年度:2016年入社
出身学部:社会学部
  • ソフトウェアを購入いただくお客様に対し、実現したい要望をそのソフトウェアでどの範囲まで実現することが可能か検証しています。

  • そのソフトウェアに関わる知識を持っている方が所属部署にも殆どいないこと、加えてHASとして一度も販売実績のないソフトウェアに関わる仕事であることが、やりがいでもある一方で難しさでもあると感じています。入社2年目の私でも、このソフトウェアに関する知識は全く知らない方に勝っているという事実はモチベーションに繋がりますが、分からないことは英語のマニュアルを読んだり、開発元企業への問い合わせを自身で行うことで解消していく必要があるという点には難しさを感じることもあります。 ただ、一緒に案件に関わっている先輩社員の方が絶大なフォローをしてくださる上に、一緒に試行錯誤しながら検証を進めていく中で何か答えを見つけられたときの喜びはひとしおです。

  • 私の所属しているチームの方は親切な先輩社員の方ばかりで、とても働きやすいです。関わっている仕事が違っても、分からないことを尋ねると親身になって教えてくれたり、疑問を解消出来るよう一緒に考えてくださったり、ご自身の仕事が終わっているのに、残業をしている後輩の私に対して手伝える仕事がないか訊いてくださったり、新人の意見にも耳を傾けてくださり、場合によってはそれを反映してくださったり・・・・・・などなど エンジニアとしても、社会人としても目標となる頼れる先輩に囲まれて仕事が出来る環境に身を置けていることは非常にありがたいです。

  • IT知識の持ち合わせは、入社時点では恥ずかしながら0に近しかったのですが、最近は少しずつではあるものの周りの先輩社員の方が言っていることを理解出来るようになってきました。 それだけでなく、相手の言っていることを自身の持っている他の知識と関連づけられたり、その上でどのような応用を効かせられそうか考えられたり、技術的な観点から懸念すべき点に気付くことが出来たときには自身の成長を感じます。

  • 『HASが扱うソフトウェアやシステムの導入で実現出来ることのイメージを自身の中に持つこと』が昨年立てた目標ですが、1年が経ち、ようやくスタートラインに立つことが出来たように感じます。 お客様のご要望実現に向けてソフトウェアの検証を進めていく中で、それを技術的にどのように実現するのか想像することは出来ておらず、先輩が制約を考慮した上で手段を提示してくださり、その手段の検証を行っているのが現状で、ようやく少しずつ自身で考えられるようになってきたので・・・。 また、先日お客様との打ち合わせに参加する機会があったのですが、お客様が真に実現したいことは何なのか、懸念点は何なのか、お客様の声をその場で聞くことで初めて気付かされました。 自身の立場からソフトウェアで実現出来ることをイメージするという、"HAS社員として製品の強みを知る"ことだけでなく、お客様の立場からソフトウェアに対して挙がるであろう疑問や要望を考慮出来る"顧客視点に立つ"ことが出来るようになることが新たに目標として加わりました。 この仕事に関わることで上記の目標を達成して、自身の成長に繋げたいです。

一つ上に戻る

先頭に戻る