先輩座談会 1年を振り返って2017年入社

システムディベロップメント事業部 2017年入社

staff2017_kk
所属:システムディベロップメント事業部
入社年度:2017年入社
出身学部:法学部卒
  • お客様先に常駐しデスクトップ仮想化に関するシステムの構築に携わっています。 具体的には、お客様が利用するデスクトップ環境の元となるイメージを作成するにあたって設定を考えたり、 仮想化ソフトウェアを使って、そのイメージをサーバー上に展開するなどの業務を行っています。

  • 業務において、やりがいを感じる場面は多々ありますが、特にお客様からの開発に対する要望への対応にやりがいを感じます。 開発期間における要望は数多く、1つ1つに対応期限が設定されているため、期限内に効率よく業務を行う必要があります。その中で、要望を実現させるための方策を上司やメンバーと相談したり、自身で解決法を見つけるために試験を行うなど試行錯誤しました。そして、期限内に要望を実現させる設定変更などの対応で自身が業務に貢献できていると思えることが嬉しく思っています。 難しいこととしては、最近、私が所属するチームの上司に代わって、プロジェクトの工程管理の一部を任せて頂いています。 しかし、業務を円滑に進めるために、必要なタスクを見出しつつ漏れなく予定を組むことが非常に難しく感じます。 上司が卒なく工程管理を行っているのをみて、私も十分に管理ができるようにならなくてはと考えています。

  • 職場は、時に優しく、時に厳しいこともありますが、仕事を通して自身が成長できる雰囲気があると感じています。 業務の中で分からないことがあった場合などに、すぐ物事を教えるのではなく、私に物事を考えて行動する機会を持たせてくれます。 現在の職場に入って、仕事に対しての責任感ややりがいが一層高まりました。

  • プロジェクトメンバーやお客様に物事を理解しやすく伝えることに取り組んでいます。 配属当初は、業務に必要な技術や知識の習得を最重要に取り組んでいましたが、それと同等にコミュニケーションの重要性を強く認識しました。 現場に配属されて1年が経ちますが、プロジェクトのメンバーやお客様に私の意図した会話の内容が十分に伝わらないことが多々あり、業務の支障になることがあります。 相手が必要とする情報は何かを取捨選択し、物事を体系立てて話すことが、私にとってのスキルアップの必須条件と考え、改善に向けて努力しています。

  • 私は、第一に『業務理解を進めて、プロジェクトの中で立派に活躍できるような人になりたい』と目標をたてました。実際には、未だに覚えることが多く、立派に活躍できる人材になるには至ってはいません。しかし、1年前よりも業務や技術理解が進み、これは自信をもってできるといえる業務が多くなってきました。 今後も、仕事に積極的に取り組むことで、できることを増やしていきたいと考えています。 第二に、私はITに関する資格取得を目標にしていましたが、これについては達成できなかったと思っています。実際の業務で覚えるべき学習内容を優先していたため、資格取得に必要な学習が十分にできていませんでした。今年こそは、資格取得に積極的に取り組んでいきたいと考えています。そのため、毎日、家での暇な時間や通勤時間などのすきま時間を見つけて学習に取り組むようにしています。

一つ上に戻る

先頭に戻る